パーキンソン病支援センター

  • センターについて ABOUT
  • メッセージ MESSAGE
  • 活動紹介 ACTIVITY
  • レポート REPORT
  • お問合せ CONTACT
  • ブログ BLOG
  • フェイスブック FACEBOOK

イメージ

BLOG ブログ

てらまっちゃんのお話し その2

すっかり秋模様ですね。

秋の朝は空気が透き通っていて、気持ちがシャンとする感じが好きです。

今日は伸びきったローズマリーを散髪して、その刈り取った枝を部屋のあちらこちらに飾ったので、なおさら頭がすっきりです。

さて、先月のサロン交流会で参加者の方が、東北大学でMRIでパーキンソン病の新しい診断ができるというお話をされていました。

東北大学と徳島大学の研究グループがAIM-MRIという方法で、パーキンソン病を発症したマウス(実験用ねずみ)の脳のどこで、どんな神経活動の変化をしているのかがわかるようになったということらしい。

これでパーキンソン病発症のメカニズムが解明されて、症状の重篤度がわかり、早期診断に繋がるかもわからないということです。

今までは検査をしても何も異常がない場合にパーキンソン病かも?といったあいまいな診断だったのがこれで解消されれば素晴らしいことです。

 

 

PAGE TOP