パーキンソン病支援センター

  • センターについて ABOUT
  • メッセージ MESSAGE
  • 活動紹介 ACTIVITY
  • レポート REPORT
  • お問合せ CONTACT
  • ブログ BLOG
  • フェイスブック FACEBOOK

イメージ

BLOG ブログ

WCN2017「患者さんとともに神経疾患を考える」に参加して①

2017年9月16日 大型台風18号が接近する中、国立京都国際会館で行われたPatients Awarreness Day(直訳すると”患者の意識の日”)という会に参加しました。

台風接近とはいってもそれほどの悪天候ではなかったのですが、定員600名の会場には約100名ほどで、もったいないなぁという感想でした。

 

開会の辞、全国パーキンソン病友の会代表の話に続いて、世界パーキンソン病連合 代表のエリザベス ポラードさんがお話をされ、スライドの投影とともに順天堂大学の服部先生が通訳をされました。

特に印象に残り、尚且つ感動した内容をご紹介します。

 

  • パーキンソン病の専門家は自分自身です。

医療関係者や介護専門家、家族や友人、知人などとともに経験や知識を共有し、パーキンソン病のより良いケアを見つける努力をしましょう。

パーキンソン病の専門家はあなた自身であるから・・・

  • 積極的にパーキンソン病と関わりましょう

パーキンソン病の進行抑制や症状の緩和はセルフケアです。

症状、治療、薬剤などの知識を持ちましょう。

  • 社会参加をして繋がりましょう

家族、友達はもとより趣味の会やリクレーションなど多くの人々と進んでコミュニケーションを行いましょう。

  • 運動は最善のエクササイズです

当たり前ですが、毎日少しでも動くことを目指しましょう。

  • 栄養と食事

抗酸化物質、抗炎症物質などの自然食品を心がけて摂るようにしましょう。

栄養不足にならないようよく食べることをおすすめします。

  • 笑い

「笑う」と痛みに対して一時的な忍耐力を生みます。また、体内ジョギングとも言われていますので、大笑いは最高の処方です。そして、笑うことで人の輪が広がります。

これらを実行するのに遅くはありません。今この時からでも十分に間に合います。

2019年の第5回世界パーキンソン病学会でまた、京都でお会いしましょう!!

このお話を文字にすると上手く伝わらないと思いますが、当日参加されていたパーキンソン病の方が思わず涙ぐんだということを伝え聞きました。

先生方も医療や薬だけでないこれらの課題を推奨されているというお考えは素晴らしいと思います。

PAGE TOP