パーキンソン病支援センター

  • センターについて ABOUT
  • メッセージ MESSAGE
  • 活動紹介 ACTIVITY
  • レポート REPORT
  • お問合せ CONTACT
  • ブログ BLOG
  • フェイスブック FACEBOOK

イメージ

BLOG ブログ

脳活とフリートークで発見!!

昨日のサロン交流会は暖かいを通り越して暑い日中となり、参加者の中には汗をかいておられる方もいらっしゃいました。

4月は抽選で決まった部屋が30名定員でしたが22名の参加者で、まだ4月ということで冷房も効かず少し蒸し暑いような状況でした。

それでもワイワイと能活を開始!

 

数字の足し算ゲーム、共通内容探し、漢字組立クイズなど皆でうーん、うーんと唸りながらも隣同士で教えながら楽しそうでしたよ。そこで数字計算はそろばんをやっておられた方が早い早い、暗算でもできますよとのこと。さすが昔取った杵柄(若い方には古い言葉?)でした。

そして鏡に映ったアナログ時計(逆さま、反対に表示)の時間と分を読む問題では、いち早く「こんなん紙の裏側から見たら、すぐわかるやん」と鋭いご指摘!クイズや計算だけでなくこういう工夫を思いつくことも、頭の活性化には必要ですね。

 

後半フリートークでは、障害者などの割引情報で盛り上がりました。そもそもパーキンソン病の方に障害者手帳が交付されるのかという認識から始まりました。

平成25年(2013年)に施行された障害者総合支援法によりパーキンソン病と診断され、申請を行えばサービスを受けることはできますが、その症状によってはすべてのサービスを受ける事ができるかどうかはわかりません。障害者の各種割引や免除については重度(障害1級、2級)を対象としている場合が多いので、もっと詳しくお知りになりたい方は窓口へお問い合わせください。(NHK受信料、携帯電話割引、運賃割引、各種税金など)

京都市にお住まいの場合は「保健センター」「健康づくり推進課」にお問い合わせください。

そこで今回は「スルッとKANSAI」対応カードが2017年3月31日をもって発売終了し、2017年4月から新たに「特別割引用ICカード」が登場しました、というお話が参加者からされました。

第1種身体障がい者とその介護者の方のスルッとKANSAI協議会加盟のICカード取扱事業者すべてでご利用になれるということです。
※ 旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄に「第1種」と記載された身体障がい者手帳が必要です。

皆さんは公的支援制度をうまく利用したいという思いが強く、毎年行っている説明会も今年は内容を吟味しないと、と感じました。

 

PAGE TOP